訪問者:氏名不詳


資本のふやし方:価格差と流通費用

講義の予定

  • 前回積み残した第11講の内容を講義します。
  • 以下、今回の講義内容は次回に回します。1回遅れになります。

前回の復習

問題 11-9

もう一度単純化した例で利潤率を計算してみよう。

店の家賃10万円。ただし今度は月初に払う。

毎週、週のはじめに20万円で商品を仕入れ、週末までに25万円で売りきるかたちで、1月あたり、4週間営業した。

このとき、月間の利潤率は何パーセントになるか。計算式も示せ。

2 min
11-9 の回答を 
  +  
1/33 ...1点以上  3%

  分

解答と解説 11-9

解答

家賃は月末払いなので、投下資本は家賃の10万と仕入れ代金の20万円で30万円。

(25 -20) × 4=20 これが売買差額つまり粗利潤

20-10 =10 粗利潤から流通費用を引いたものが純利潤

10/30=0.33

利潤率はおよそ$33パーセント$なり。

解説

もうけ方は大まかにいえば、次のいずれかになる。

  1. マージン総額つまり粗利潤を大きくするか
  2. 流通費用を小さくするか

マージン追求型

  • 売買差額の増大を狙うスタイル

間接差額(物量差)

  • 異なる種類の商品の売買でマージンをつくりだす
  • 三角貿易
問題 12-1

次のような三つの地域で異なる価格体系が成立していたとしよう。

イギリスの価格体系
\begin{equation} \begin{aligned} 茶1ポンド & = £ 4 \\ 綿布1ヤール & = £ 1 \\ \end{aligned} \end{equation}
ベンガルの価格体系
\begin{equation} \begin{aligned} 綿布1ヤール & = 2 ルピー\\ アヘン1kg & = 100 ルピー \\ \end{aligned} \end{equation}
杭州の価格体系
\begin{equation} \begin{aligned} 茶1ポンド & = 2 元 \\ アヘン1kg & = 50 元 \\ \end{aligned} \end{equation}

あなたが £100 を投下した冒険商人だったら、そのあとどのような取引でもうけますか?

£ は P と表記してかまいません。

2 min

解答と解説 12-1

解答:

  1. イギリスで、£100で綿布100ヤールを仕入れ、
  2. ベンガルでそれを200ルピーで売って、その代金でアヘン 2kgを買い、
  3. 杭州でそれを100元で売って、その代金で茶50kgを買い、
  4. イギリスでこの茶50kgを£200で売る。
12-1 の回答を 
  +  
14/33 ...1点以上  42%

  分
問題 12-2

12-1 の続き。次の文の $A, B, C,D $にあたる値を求めよ。

  • イギリスにおける綿布と茶の交換レートは $1 : A$
  • ベンガルにおける綿布とアヘン交換レートは $1 : B $
  • 杭州におけるアヘンと茶の交換レートは $1 : C$
  • ベンガルと杭州をまわる綿布と茶の交換レートは、$ 1 : D $ になる。
  • つまり、綿布1ヤールで、国内なら$A$ kg の茶しか手に入らないのに、国際レートなら $ D $ kg の茶が手に入るっていうことか。
  • なるほど、これなら三角貿易でもうかるわけだ。
    2 min

    解答と解説 12-2

    解答:$A =\displaystyle\frac{1}{4}, B=\displaystyle\frac{2}{100}=\displaystyle\frac{1}{50}, C=\displaystyle\frac{50}{2}=25, D=\displaystyle\frac{1}{50}\times 25=\displaystyle\frac{1}{2} $

    12-2 の回答を 
      +  

      分
    問題 12-3

    12-1 の続き。

    Aくん「三角貿易でもうかるというのだけれど、いまの例だったら、イギリスに茶が入ってきて茶の価格が下がり、じきにもうけがなくなる。需要と供給で価格が変わることを考えれば、無理な話さ。」

    Bくん「需要と供給で価格が変わり、もうけは消えるっていうわけ。経済原論の講師は、そんな調整はお伽噺だ、証明されないドグマだ、市場信奉者のイデオロギーだ、といっていたけど。ああまでいうか、どうもあの講師の話は、イマイチ、ピンとこない。ただ、君のいうとおり、需要と供給で価格が変わる、としても,イギリスで茶の価格が下がるといういまの説明はちょっとへんだ、だって .... 」

    さて、Bくんは「だって.....」何だ、といいたいのだろう?

    2 min

    解答と解説 12-3

    解答:イギリスで茶を売ろうとしたとき、はじめて、茶の供給がふえ価格がさがるというヘンだ。君の理屈にしたがえば、綿布がもちこまれたベンガルで綿布の価格が半分の1ルピーに下がってもうけがでない、とか、アヘンが買われて価格が倍の200ルピーになってもうけがでない、とか、あるいは、同じようなことが、杭州でおこってもうけが消えるとか、いろんな可能性がある。(きみの理論的視野は狭い、アサハカ、といったらけんかになるからこれはいっちゃダメ。逆に、マヌケな利口になる可能性はBくんにもある。つねに自戒しよう。)。

    解説:需要と供給の均衡で価格がきまるのでないとしたら、どうきまるのか、講師の説明がまだピンとこない人は多いと思います。

    夏学期は、「商品と貨幣が実在する市場」を組み立てることで、そこでは同種大量の商品が在庫バッファーとなり、価格が動きにくい構造を説明しました。

    もちろん大量生産される商品でも、価格は動きます。さまざまな商品間の価格がどう決まるのか、これは冬学期に話します。楽しみにしていてください。

    12-3 の回答を 
      +  
    0/26 ...1点以上  0%

      分

    直接差額

    • 同一の商品でマージンを拡大する
      問題 12-4

      同種大量の商品を多数の売り手買い手が競争で売買している市場には、安く買えるチャンスと同じように高く売れるチャンスもある。

      真か偽か、判断の根拠を述べよ。

      2 min

      解答と解説 12-4

      解答:「同じように」というのはアサハカ。混ぜたら見分けのつかなくなる同種商品を、人よりも高く売ることはむずかしい。ただ、売るのにかかる期間はまちまちなので、安く売りいそぐ相手をみつけるチャンスはある。

      解説:この解答は、同種大量型の商品は、一般的に定価以上の価格はつけにくいが、値引き販売はときどきある、といっているわけですが、はたしてホント?

      12-4 の回答を 
        +  
      16/37 ...1点以上  43%

        分
    問題 12-5
    $\def\calp{\cal{P} }$$\def\calq{\cal{Q} }$

    ある商品を$\calp$「安く買う」ことと、$\calq$「安くつくる」こととはどのような関係にあるか。

    1. $\calp$ は $\calq$ をふくむ
    2. $\calq$ は $\calp$ をふくむ
    3. $\calp$ と $\calq$ は共通な面をもつ
    4. $\calp$ と $\calq$ に相交わるところはない

    いずれかを選び、判断の根拠を示せ。

    2 min

    解答と解説 12-5

    解答: 1. 「安くつくる」のは「安く買う」ための一つの方式。

    解説:完成品を買うかわりに、原材料を買い労働者を傭いコストを下げることで同じ商品を手に入れているわけ。

    海外で安く生産して販売するか、完成したものを輸入して販売するか、海外の生産者に注文生産させるとか、いろいろ、バリエーションがあるところ。

    「買う」ことと「つくる」こととは重なる面があるというわけで、むかし「生産過程の流通過程化」というむずかし名前で教わったような気もしますが、この「流通過程」という用語は?「購買過程化」なら....やっぱり?

    12-5 の回答を 
      +  
    10/39 ...1点以上  26%

      分
    問題 12-6

    資本には次の三つの形式がある。

    1. 安く買って高く売る G---W---G'形式:「商人資本的形式」
    2. 貨幣を貸してふやす G ... G' 形式:「金貸資本的形式」
    3. 生産を通じて増やす G --- W ... P...W' ---G'形式:「産業資本的形式」(Pは生産過程)

    この説について、これまでの講義をふまえて論評せよ。

    5 min

    解答と解説 12-6

    解答:2.は単に貨幣の用益権を販売しているだけで、コスト計算ができず、資本の概念に反する。預金をして利子を受けとれば貨幣量はふえるが、それは家を貸して家賃を受けとっているのと同じで、資本ではない。買って売ることで、マージンをだすことが、資本の基本。

    問題12-5の解答をふまえれば、3.は1.のサブバージョン。並置すべき第三の形式に非ず。

    解説:この講義のある意味、極端な結論です。

    世の中では、資本には「商人資本的形式」「金貸資本的形式」 「産業資本的形式」がある、といわれているようです。

    12-6 の回答を 
      +  
    12/21 ...1点以上  57%

      分

    流通費用の節減型

    ▶マーケティングがきく市場
    問題 12-7

    流通費用を相対的に減らしてゆくうえで、効果的な方法は何か。

    流通費用は単価計算できない、ということをヒントに考えよ。

    5 min

    解答と解説 12-7

    解答:多数の売買を集めること。集中。

    12-7 の回答を 
      +  
    8/37 ...1点以上  22%

      分

    Last-modified: 2021-02-20 (土) 19:13:30