間接型:信用貨幣 日本銀行券など。

▶三角形と多角形
▶銀行券は三角形
▶銀行券
問題 7-1

次の文の( A )から( C )に該当する用語を順番に、半角スペースで区切って答えよ。

債権は、特定の条件を満たせば、( A )になることができる。

その条件とは、返済されるものがタダのものではなく( B )であることである。

( B )であれば、必ず( C )があり、それを受けとる権利である債権も、一定の( C )をもつ。

それゆえ債権も、「( A )はただのモノではダメで、客観的に数えられるモノの量(物量)が一定の( C )と結びついていなくてはならない」という( A )の必要充分条件を充たすのである。

7-1 の回答を 
  +  
39/55 ...1点以上  71%

  分
▶解答
問題 7-2

次の文の( A )から( C )に該当する用語を順番に、半角スペースで区切って答えよ。

現在、日本銀行の保有する資産の大半は長期の国債である。

それは何年も先にならないと返済されない債権だが、

それでも、日本銀行券で「商品の価値表現」つまり「値づけ」ができるのは、

国債という債権の返済が確実だから、というだけではない。

国債は、有価証券として証券市場で売買される( A )であり、

したがって、それ自身、一定の( B )をもっているからである。

たしかに、日本銀行の資産は、基本的に期限がきたら一定額を返すという債権型の資産で構成されている。

しかし、日本銀行券が値づけに際して( C )になりうるのは、《将来》の返済の確かさだけではない。

その債権が同時に、《現在》の( B )として性格をもっているからである。

7-2 の回答を 
  +  
73/79 ...1点以上  92%

  分
▶解答
▶解説
問題 7-3

日本銀行券の発行残高 112,212,314,909,000円日本の人口を125,900,000人で割ると891281.2939555203、ざっと見積もって国民一人あたりおよそ90枚の一万円札をもっていることになる。4人家族なら360枚となる。テーブルの上に積んだら3.6cmくらいになる。

でも、こんなにたくさんの一万円札が常時ある家なんてそんなにない(と思う。少なくとも私の家には絶対ない。)こんなにたくさんの一万円札、いったい、どこに消えたのか?

7-3 の回答を 
  +  
6/89 ...1点以上  7%

  分

▶補足:日銀保有株?



預金通貨

  • 7-3の回答に「銀行に預金する」「銀行がもっている」という回答が多く見受けられたが、誤り。なぜか、次の問題で考えてみよう。
    問題 7-4
    次の(A) (B) (C) に適当な用語を
    1. 銀行券があまっているからというので、みなさんが全部で10兆円の銀行券を一斉に(A)銀行に預金したとする。
    2. この預金は (C)だから、(A)銀行の (C)が10兆円増加し、それに対応する10兆円の銀行券が、さしあたり資産として増加する
    3. (A)銀行はどうするか? こんなたくさんの銀行券をもっていても、なんの収益ももたらさない。(A)銀行はこの10兆円をとりあえず発行元である (B)銀行に預金する。
    4. その結果、(A)銀行の保有する(B)銀行当座預金が10兆円増加する。
    5. (B)銀行の (C)はどうなるか? いま、 (B)銀行の当座預金は、いまだいたい400兆円ちょっとだが、これが410兆円にふえる。その分だけ、現在110兆円ちょっとある銀行券の残高が10兆円減るのだ。
    6. (B)銀行の (C)である銀行券が110兆円が100兆まで減り、 (B)銀行が(A)銀行から預かっている当座預金400兆円が410兆円に増える。 かたちが変わるだけで、(C)総額としては、プラマイゼロという話になる。
    7. 要する、「銀行券で預金をする」と銀行券が減っちゃうわけで、現在ある110兆円の銀行券が、どこにあるの? という質問の答えにはならない。
    7-4 の回答を 
      +  
    37/66 ...1点以上  56%

      分

    解答と解説 7-4

    市中 中央銀行(日本銀行) 負債

▶預金通貨
▶中央銀行、市中銀行、そして財政
問題 7-5
資金循環図には「国債」という項目はない。「国債」の総額を含む金額は、何兆円か、探してみよう。
7-5 の回答を 
  +  
17/46 ...1点以上  37%

  分

解答と解説 7-51,121
▶預金通貨から派生した貨幣

復習とまとめ

問題 7-6
次の文の(A)から(C)に適当な用語を入れよ。

商品の(A)は、必ず同時に、他の商品を用いて表現される。

(A)表現に用いられる商品が(B)である。

すべての商品に共通な単一で持続的な(B)が貨幣である。

貨幣の量の単位は、重さや長さと同様、法律によって定められている。

商品(A)の貨幣量による表現が(C)である。

7-6 の回答を 
  +  
71/73 ...1点以上  97%

  分
▶解答
問題 7-7
次の文の(A)から(C)に適当な用語を入れよ。

商品価値の表現に用いることができる貨幣を(A)という。

(A)は、「商品価値を表現する能力をもつ」という仕様 スペックによって規定された、抽象的な貨幣の概念である。

(A)の仕様を実際に実現する(実装 インストールする)方法は一つではない。

一つの実装方法は、特定の商品を等価物する(B)貨幣型である。金貨幣はその典型をなす。

もう一つの実装方法は、商品に対する請求権を等価物とする(C)貨幣型である。今日の銀行券はこの型に属する。

7-7 の回答を 
  +  
34/68 ...1点以上  50%

  分

解答と解説 7-7

正解: A- 商品貨幣, B-物品, C- 信用

▶解答

Last-modified: 2021-02-20 (土) 19:13:30